九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

信念を強くする方法

HOME整体法理解を深める読み物>信念を強くする方法


人間は大脳が発達し、想像力・仮想(バーチャル)によって生きられるように進化しました。


現実世界と仮想(夢・イメージ界)を行き来して暮らせる…

別な言い方をすると、現実を仮想で補って生きている…それが人間です。

・・・ブラシーボ効果も仮想の効果を使っています。
・・・人間は夢・目標をという仮想の世界をイメージすることで力が湧きます。
・・・長く会わない知人も、生きていると思っています。(亡くなっているかもしれないのに)



6680


さて、脳の中では「イメージと現実の区別はない」といいます。
しかし、自分の夢がまだ実現していない時は、信じることに不安が生じるはずです。

『信』を強くするにはどうしたらよいのでしょうか?


それは『言葉にする』ことだと思います。

つまり『信じる=言葉にする』ということです。


『信』という字には『言』という文字が入っています。

『言』は『ことば』とも読みます。
『ことば』は「ひびき」すなわち波動です。


「意のままになる」という表現がありますが、『意』は「音」に「下心」でつくられています。


「言(ことば)」は「音」であり「ひびき・波動」です。


量子物理学の世界では、すべてのものは『波動・ひびき』であることがわかっています。

つまり、想像(イメージ)の世界=信じる=言(ことば)=音=ひびき
・・・という深いつながりがみえてきます。


言・ことば(波動)によって、モノゴト(波動)が創り出される…

・・・その証拠に人間が創り出すもの、関わるものにはすべて名前(言葉)がついています。


自分の発する言葉が信念となり、現実をつくるわけですから、
望むことは言葉にし、望まないことは言葉にしない・・・。

疎(おろそ)かに言葉を使わないよう、ゆめゆめ気をつけましょう。






宮田寿望メールマガジン
お名前
メール

腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ