九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

夏の健康法

HOMEWEB講座>夏の健康法



一口に夏といっても年によって違います。
冷夏もあり猛暑もあります。

焼け付くような暑さは人間の思考力、体力を奪います。

やはり身体を涼しく適度に冷やすことが必要です。
水分補給はこまめに行いましょう。

また夏野菜、夏の果物をたくさんとるように心がけましょう。

スイカ、キュウリ、なすびなどの夏の野菜・果物は身体を冷やす働きがあります。
といってもクーラーでの冷やしすぎにはご注意を!


夏のカラダのケア

夏バテは呼吸器に負担がかかる現象です。
足がくたびれ腰が歪んでいます。

『足上げ』:仰向けに寝て足を壁にかける。10分以上を行いましょう。

・・・呼吸器、腎臓への負担、カカトのだるさが軽減されます。

● 虫刺され
夏といえば蚊、ダニ、蜂・・・など虫に刺される機会が激増します。

そのとき『化膿活点(かのうかってん)』という急処を押さえると
速やかに経過します。

虫からヘビ、ムカデまであらゆる毒に効く方法です。

上腕の真ん中、肘を曲げて肩と肘を結ぶ線上の真ん中を押さえます。


 

子供はじわーっと『気』を集注して押さえ、
大人は押さえてぐりっと外に弾きます。

翌日には化膿が消失しているでしょう。

● 日焼け

日焼けは一時的な『ヤケド』です。

皮膚が痛みますから、焼けた処を流水でよく冷やします。

そしてお尻の真ん中、仙椎の上部を握り拳でトントンと数十回叩きます。
そうすればヒリヒリも治まります。

● 寝付けない

冷水でしぼった手拭いで頭頂部を冷やします。
(日本手拭いが効果的です)

頭髪を濡らさぬよう乾いた薄手の手拭いの上にのせてください。



宮田寿望メールマガジン
お名前
メール

腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ