九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

東洋の知恵〜男性と女性〜

HOME整体法理解を深める読み物>東洋の知恵〜男性と女性〜



男性と女性…『性差』というのは永遠のテーマです。

男女がいなければ、子孫は続きません。


お互いに求め合えど、そこに理解出来ない『謎』が残る。

それは仕方ないかもしれません。
『性差の違い』をあいまいにし、
どうしても人間は自分の色眼鏡で相手を見てしまいます。

東洋の知恵を使って『男女の違い』を学んでみましょう。


『陰陽』でおおまかに分けるなら
男性は『陽』
女性は『陰』
…となります。

『陽』は活動的、『陰』は受動的

…子供をみればよくわかります。

男の子はたいがい活動的…よくモノを壊します。

もちろん、個人差は大きくあります。


東洋医学では身体の成分を『気・血・水』の集まりととらえます。

男性は『気(陽)』が多く
女性は『血・水(陰)』が多くあります。…だらか月経があります。


それらは大自然の変化とシンクロし、ダイナミックに変化します。

気は血、水を動かし、
気持ち、気分というように感情も生み出しています。


男性は『気』が多く活動的です。
身体の骨格・筋肉が強く瞬発力はあります。(陽)

でも、持続力・粘り(陰)は『血・水』の多い女性のほうが明らかに優位です。

・・・そうでないと「手間ひま」のかかる『子育て』など出来ないでしょう。


つまり男性は『労働用・戦闘用』、
女性は『出産用・子育て』がメイン…という身体の“つくり”になっています。


意外かもしれませんが、男性の方がストレスに弱いのです。

何かあったとき『がっくり』くるのは男性。
落ち込みます。(気虚といい陽気が急激に失われる状態です)

もちろん女性も落ち込みますが、その切り替えが早い…。


相方に先立たれると、たいがい男性はがっくりして老け込みます。

ところが女性は独身生活を謳歌する人が多い!…ようです。


男女が「口論」になると
先に『切れる』にはたいがい男性です。

男性はある程度、理性でコントロールしますが、
『気』が身体に多いので、ある段階を超えると制御がききません。
(陽気は上にあがりやすいため、頭が熱くなる)

切れて話を打ち切ったり、その場から出て行ったり、
大声で威圧したり…
黙り込んだり…
・・・という状況になるのは「必然」なのです。

それに対して女性はわりと冷静でいられます。

いざというとき、腹が据わっているのも女性です。
(陰という「動きにくい性質」の特徴)


それを知った上で、
女性は上手に男性を手のひらの上で転がしてくださいね。(笑)


健康面では男性は気分のコントロールが重要です。

ストレスに弱いのですから、
脳血管障害、肝臓・心臓の問題、癌などに要注意です。


一方、女性は『血・水』が多いですから
まずは『生理』を整えることが最重要です。

血の異常…子宮卵巣などの生殖器にかかわる病気、

水の異常…リューマチ・腎臓・膀胱などの病気に注意です。


『気』が少ないのですから『冷気』には弱いわけです。
『冷え症』を訴えるのは女性が多いですね。

でもそれは逆にいえば『冷えに敏感』ともいえます。

身体の深部まで冷えが侵入すると大病をします。
そうならないよう、何度も身体はアラームを鳴らすわけです。


とはいえ生命力が強いのは、明らかに女性です。

それは『陰』という守りに強い性質があるからです。


もちろん今まで書いたことは一般論です。

お読みになって「ふむふむ」と思われたかもしれません。

でも個人差はかなりあります。


人は成長する可能性がありますし、
あまり決めつけず、異性を理解する一助としてください。




宮田寿望メールマガジン
お名前
メール

腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ