九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

ダイエットにはお肉も必要

HOMEWEB講座>ダイエットにはお肉も必要



『ダイエット』という言葉に女性は敏感です。

日本など食べ物が豊富にあり、
食べ過ぎてダイエットとは、おかしな話です。

食欲は人間の本能ですが、それが心理的な欠乏感を補うため
過剰になるようです。

一方、人間(とくに女性)には『美しくなりたい』という
『美への追求、憧れ』があります。

ダイエットの動機は、そういう根源的な欲求にあるようです。
ですから飽食なのに『ダイエット』という、矛盾が続きます。


それはさておき、何事もバランスを欠いては問題ですね。

ダイエットをして体調を崩し、病気になっては元も子もありません。


例えば『肉を食べると肥満になる』と思い込み、
肉類を一切食べない人がいます。

それを続けると『普通の人』は逆に体調を崩し、太る場合もあります。


その理由は『タンパク質』です。

タンパク質は筋肉だけでなく
脳や内臓などの組織を構成する材料です。

人間の身体の大部分は『タンパク質』から成り立っています。


肉を摂らないで、タンパク質が十分に供給されないと
身体にある筋肉の量は次第に減ってきます。

筋肉は常にエネルギーを消費しています。
運動して温かくなるのはエネルギーの消費です。

体温を維持するのも、エネルギーが燃えてるからです。


もし、筋肉の量が減少すると、
当然、消費されるエネルギーは減ります。

燃えにくい(不完全燃焼)の身体になるわけですから
身体にたまった脂肪が落ちにくくなり
太りやすい体質になる…というわけです。


そういう状態の身体は、整体的に見ても
骨盤や背骨が整っていません。


では、肉といってもどの肉がタンパク質を多く含んでいるのでしょうか?

結論からいうと『ジビエ』…鹿やイノシシさんのお肉です。

これらは
『高タンパク』
『底カロリー』
『高ミネラル』
…の三点セットです。

自然の中を走り回っているのですから『脂肪』も少ないです。

一つ問題は食べられるお店が限られていること
手に入りにくいこと…です。
(日田には美味しいジビエ料理の店がありますが)


その他、高タンパク質のお肉としては
鶏の胸肉、赤身の肉があります。
(…牛のカルビなどは脂肪を多くふくむため、
食べ過ぎない方がいいでしょう)


タンパク質には動物性と植物性の二種類があります。

植物性タンパク質は大豆が知られていますが、
栄養バランスで考えると植物性のみ摂るとよくありません。

それは『必須アミノ酸』という
体外から摂らねばならない『アミノ酸』があるからです。


アミノ酸はタンパク質の構成しています。

動物性タンパク質には必須アミノ酸がバランス良く含まれています。

その一方で植物性タンパク質は、バランスがよくありません。

必須アミノ酸が1種類でも足らないと体調を崩す可能性があります。


昔の日本人は体力もあり『丈夫』でしたが、寿命は短かったようです。

それはあまり肉食をしていなかったからだ…という説もあります。
それも否定できないと思います。


いずれにせよダイエットであれ、健康な状態で『成功』させることです。

女性のケースでいえば、
ダイエットをして『生理が止まった』…などあってはいけません。


食事でいえば、肉も野菜も両方上手に摂ることが大切です。






宮田寿望メールマガジン
お名前
メール

腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ