九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

正座の効用

HOME整体法理解を深める読み物>正座の効用



日常で簡単に身体を整える方法として『正座』があります。

・・・読者の中には、正座をすることなど滅多に無い人もいらっしゃるでしょう。

だからたまに正座すると、しびれが切れたりなどの苦痛で、
ものの5分も保たないかもしれません。


しかし、正座は腹腰がすんなり決まり、落ち着くもっとも正しい座り方なのです。

とくに重心の低い日本人にとって最適な坐法です。


例えば「腰痛・ぎっくり腰」になった時、正座しか出来なくなります。

それ以外の座り方をすれば、すぐに「ビキッ」と痛みが走ります。

つまりもっとも身体が歪まない座り方なのです。


正座をすると腰が自然に伸びて、息が深くなります。

骨盤の歪みが修整されますから、女性でしたら生理痛・生理不順の予防・解消にもなります。

また、身体・健康の中心は腹なので、腰痛の予防だけでなく、生命力そのものがアップするのです。


さて、腰が伸びて息が深くなると食べ過ぎません。

したがって習慣になると、必ず痩せます!

日本人にこれだけ肥満・生活習慣病が増えたのも、栄養の摂り過ぎと運動不足、足腰の力が低下したからでしょう。

正座をすると腰が決まることで行動力、決断力、忍耐力もでてきます。

息が深くなることで頭もクリアーに、思考も明晰になります。



腰が決まっていない人間を「腰抜け」、
腹が決まってない人間を「腑抜け」、

・・・といいますが、古人は姿勢にその人の人品をみたのです。


僕が子どもの時、正座をすると足が短くなる、と正座が否定?されました。

確かに僕の足は長くはないですが、足の長さはほとんど遺伝決まり、正座は関係ありません。

むしろ正座をしない、あぐら、横座り、体育座りの弊害が大きいと思います。


人間の身体と心・意識は密接に関係しています。
形から入り、型を決めることで、精神・意識がしっかりと整うという面があるのです。


身心をすっきりさせたいなら、あれこれ考えず、つべこべ言わずまず型を決めて正座する。

そしてゆっくり息をする。

しばらくすると、身心の模様が変化するのを実感されるでしょう。


CIMG8354




宮田寿望メールマガジン
お名前
メール

腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ