九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

社会を形作るのは『氣』

HOME整体法理解を深める読み物>社会を形作るのは『氣』


IMG_3501


『植物は必要な所に生え、花はふさわしい所に咲く』といわれています。

東洋思想では、宇宙のすべては『陰陽の氣』からなる・・・と考えます。

熱い・動・高い・柔らかい・明るい・・『陽』の大まかな性質です。
冷たい・静・低い・固い・暗い・・『陰』の大まかな性質です。


夏は、すべての生命が「陽」にあふれ躍動する季節です。
冬は『陰』の季節…生命の動きは「静」となり、力を蓄える時です。

陰陽の照らせば、季節も“生きています”。
宇宙も生きている…大きな大きな生命体です。


あらゆる生き物は『陽気』を放っています。

例えば岩や石は大地の気(陰の気)のですから、
気がこもりやすく“動き”はありません。

だから少ししか気を放ちません。
・・・逆にいえば変化に強いのです。


また、すべての動植物は陽気を生み出す機能をもっています。

植物の場合はその種類に応じて太陽の陽気を吸収し、
空中や土から気を取り入れ、つくりかえて外部に放っています。

多様な植物のそれぞれに特有の気配があり、
一つとして同じものはありません。

雑草からキレイな花、大木にいたるまで、それぞれの「氣」を放ち、
それが合わさって林や森となり、ひとまとまりの『場』をつくっています。

・・・「氣なんてあるのか?」なんて思う方がいるかもしれません。

そういう方は造花と生花をもってくらべてください。
・・・何か違いを“感じる”はずです。

理屈ではなく、なんとなく感じる(右脳的感覚)のが『氣』の世界です。

・・・元々誰でも感じる力はあるのですが、現代人の多くは左脳の使いすぎで鈍ってしまっています。


さて、植物が育ち花が咲くのも、それは“生命の自己表現”と呼べるかもしれません。

生命はすべて
「私はここにいる!」
「こんなふうに!」
という形で自分を表現したい、そういう要求をもっています。

それは当然、人間もそうです。

「こんなことをやりたい!」
「こんなふうに生きたい!」
・・・という要求は、生きている限りあって当たり前です。

それをしないと・・・氣がこもり、停滞し、最後には爆発する
とりわけ人間はもっとも大量の陽気を放つことが出来るのです。
それは「考える力・イメージする力」があるからです。



『考える力・イメージする力』のことを東洋医学では『神気(しんき)』と呼びます。
神気は精神活動の大本とされ、五臓六腑(身体)に気を供給しています。


人間から常時放たれる『その人特有の雰囲気・気配』も、
この神気が大きく関係しています。

さらに、それが合わさり、共鳴し干渉し、
家族・集団から町、都市、国家を形成していくわけです。


そうすると、その集団・国家の雰囲気・気配は、
構成する人間の気配の総合であると考えられます。


人間の陽気のパワーが生命の中で一番強いのですから、
それは社会、動植物、はては天候にまで影響を及ぼす

・・・そう考えられるでしょう。

例えば空海など修行を積んだ高僧、ヨガ行者が雨を降らせた…
などという逸話が残っています。

それは神気(陽気)のパワーが並外れて強かったため、
とは考えられないでしょうか?


人間の心が怒りや冷たさなどで荒むと、社会の雰囲気も荒み、
信じられないような“事件”も起こることになります。

・・・実際に今、世界で頻発していますね。

そんな出来事は、他人事で自分とはまったく関係ない・・・
とは言えず「責任の一端」はあるのです。

・・・私たち一人一人が世の中の気配づくりに参加しているわけですから。

何もしなければ、ただ社会・集団の気配の影響を受け、流されるだけとなります。

そうではなく、自分から率先して神気を使い、
“愛の気”
“ポジティブな気”
を放てば、
世の中の“愛の波動・思いやりの波動” “調和・平和の波動”も増加するはずです。

そうすることで、
世の中のよき気配づくりに“少なからず影響を与えられる”はずです。

今こそ、私たちは自分の神気のパワーを侮らず、
もっともっと大活用すべきでしょう。



腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ