九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

冬は膜膜膜(まくまくまく)

HOME整体法理解を深める読み物>冬は膜膜膜



世間ではインフルエンザ、感染性胃腸炎(ノロウイルス)などが流行しています。

冬の不調の定番ですが、これには訳があります。


冬は『膜』と関係が深いのです。

ここでいう『膜』とは、


喉(のど…そこからつながる『腸』)

この三つの粘膜ことです。
・・・三つあわせて膜膜膜(まくまくまく)・・・

目は角膜があり、
鼻は鼻粘膜、
喉は粘膜、腸も表面は膜です。

これらの膜は外からやってくるウイルスやゴミ、細菌をつかまえ、
まとめて排泄する、大きな働きをしてくれています。


あまり知られていないですが、
目は絶えず涙が微量に出て『膜』を洗浄しています。

車のフロントガラスのウォッシャーとワイパーのようなもので、
『まばたき』がワイパーの働き。

ウォッシャーは涙です。
・・・まばたきによって目が潤います。


さて、冬になると一番の問題は寒さ・冷え…
そして乾燥。
寒さ・冷え対策は誰でも気づきますが、見落とされるのは『乾燥』対策


冬は目・鼻・のどの粘膜が、どんどん乾いていきます。

よく言われる「ドライアイ」などはその代表的な症状。


鼻がつまるとか、ノドがガラガラするとかいう「風邪症状」も
実は『乾き』の現象です。

いわゆる『インフルエンザ』なども身体が乾いていると「罹(かか)りやすい」のです。


また糖尿病などの慢性病も体液(水)・血液の流れが粘って悪くなるため、
症状が悪化することがよくあります。

これも乾きが主因と思われます。


さて対策として何よりも
身体を『乾かさない』ようにすることです。

・水をちょこちょこと頻繁に飲む
・鍋物・汁物などカラダが温まる食べ物を食べる
・栄養・睡眠を十分にとる
・イライラ・クヨクヨしない
・温泉にゆったりつかる
・適度に運動し、身体の氣・血・水の巡りをよくする

・・・などがありますが、とくに「水」は意識して飲むようにしてください。

ジュース・お茶、コーヒーという水分ではなく『水』です・・・


人間の身体は大部分『水』で出来ています。
それゆえ一番カラダに“なじみ”やすく吸収されます。


飲むといってもガブガブ飲む必要はありません。

ちょこちょこと、こまめに水を補給します。


ノドの乾き対策として「うがい」があります。

うがいをする際は、ぬるま湯で粗塩(あらじお)を混ぜるとよいでしょう。
粗塩…とくに海塩には浄化の働きがあります。



のどは首と胴体のつなぎ目にありますが、ここは大きな関所・関門です。

身体の内部に異物が入るのを防ぐ、重要な場所です。

ここの邪気(細菌・ウイルス)を粗塩を使って、キレイに清めてしまうのです。

そうすると『腸の膜』も助かります。


子どもがよくこの季節『下痢をする風邪』をひくのも、
腸の粘膜の乾き、冷えが原因の一つです。(ノロウイルスも同じ)

とくに体力が落ちているとウイルス・細菌は増殖します。

身体へのケアはもちろん、
部屋(空間)へのケアも忘れずに…

部屋を暖かくして、加湿して眠るのもよいでしょう。

冬はとにかく“膜をケアする”・・・やってみてください。


PS:ドライアイ対策は目の温法がおすすめです。




宮田寿望メールマガジン
お名前
メール

腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ