九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

出産は女性を美しくする

妊娠三ヶ月を過ぎると、身体はいよいよ『妊娠体勢・安定期』に入ります。

骨盤が横に広がり、
ほほ骨も広がり妊婦さんらしい、ゆったり丸い雰囲気の顔になります。


この時期から実は子育ては始まっています。

身体と心はつながっています。

人間の情緒・感性といった見えない力も、身体と密接に関わっています。


健全な発育は健全な心をつくります。

赤ちゃんも同じです。

動物とちがって人間の場合、
愛情をかけないと充分な発育がなされません。

 
妊娠期間中、お腹の中で一個の受精卵 0.000?gから約3,000gまで十月十日をかけて成長します。 

その時間の中で何十万倍の身体の成長をとげるのです。
それくらいの>心(精神)の成長があってもおかしくないと考えるのです。

もちろんこれは科学で立証されたことではありません。


しかし私はこれを初めて知ったとき、
素直に信じられたのでした。(それを自分で体験したかったために自宅出産をしました) 


生命とは実に不思議な存在です。

お腹の赤ちゃんはしっかりと意思をもってコミュニケーションしています。



妊娠期間中の女性はいい意味で『野生』に戻ります。

よくあることは食べ物の好みが、がらっと変化します。

食べたい物を身体の要求に従って、食べたいだけ食べるのがいいのです。

それは赤ちゃんの要求で、
妊娠中はとくにそういう野生の感覚が働きます。


本に書いてあるからとか、頭で考えるよりは、
あくまで自分の感性・要求を信じるようにしましょう。



『妊婦』とはお腹の赤ちゃんを『育てつつある』ということです。

後戻りはありませんし、やり直しもありません。


『育てつつあることを意識した生活』を心がけて
一生に数回?しかない『妊娠生活』を可能な限り大切に過ごしましょう。
(置かれている環境は人それぞれでしょうが…)




この期間の注意点は目・頭を使い過ぎず休めることです。

パソコン・スマホなどはなるべく見ない方がいいです。
(身体の感覚が敏感な人は、パソコンなど見たくなくなるようです)

目・首・肩のこわばり・疲労は骨盤をゆがませ、
気分の落ち込みや、不安、イライラ、産後の乳腺炎の原因…など
身体にとって負担になることばかりです。

仕事柄、見なくてはならない人は
目・首・肩を休めることを日々行いましょう。

目を休める→目の温法



また出来れば毎日一定時間は散歩をするようにしましょう。

それも用事のついでに歩くのではなく、
あくまで散歩が目的です。

豊かな楽しい空想を心がけ、楽しい気分で穏やかに歩きましょう。


そんな時間がない方も
適度な運動・下半身をある程度鍛えることは大切です。

出産に備えて足腰を強くしておいたほうがよいのです。



そして赤ちゃんにニックネームをつけていつも話しかけましょう。

話しかける内容は『空がきれだよ』『さあご飯を食べようね』とか、
日常のさりげないことでいいのです。



お腹に手をあて、手のひらからゆっくり息を吐く要領で手あて(愉気・ゆき)をしましょう。

この赤ちゃんへの『話しかけと手あて』は発育(身体・心)において素晴らしい効果を発揮します。

元気なたくましい赤ちゃんが生まれてきます。



もちろんご主人にも家族にもやってもらいましょう。

男性も父親になるという実感がわいてきます。

出産は産む女性が主役ですが、
パートナーにも出来る範囲で全面的に協力してもいましょう。


妊婦と出産・育児は、次の世代の財産を育てる、
それは大事な大事な仕事をしているのです。




果物の実が熟するように、赤ちゃんが生まれてきたい時が予定日です。
本来ならば大人の都合で出産すべきではありません。


出産の主役は赤ちゃんです。

ちゃんと産道を通って生まれてくるのが自然です。


妊娠するということは、お母さんに自分で産む力があるということです。
出産にむけて身心の準備すればおおむね大丈夫です。


また出産は大きな排泄反応で、身体のいらないものが一気に排泄されます。
(アトピーなどそれまであった持病が治ることもよくある)


だから女性は出産を機にキレイに、健康になります。


出産では骨盤が大きく開き、赤ちゃんが産まれます。

そして後産(あとざん)が出て、その後、約1週間かけて骨盤は閉じていきます。


その間、身体はたいへん変動しやすい状態で、
この産後1週間は安静が大切です。

むやみに動いてはいけません。
(目を疲労させることもいけませんし、水気のものを扱うのも避けるべきです)

できるだけ腰に負担をかけないようにしましよう。

無理に動くと骨盤が歪んで後々影響が出てきます。
(腰痛・不定愁訴・産後うつ・肥満の原因になる…)


産後しばらくは、ゆっくり過ごすように心がけましょう。

・・・といっても、すぐに育児が始まります。
赤ちゃんは天使ですが、お世話はたいへん忙しいです~・・・




IMG_3311






整体指導 ご予約・問い合わせ
http://mt.holon-harmony.com


ヨガ・整体・セミナースケジュール
http://holon-harmony.com/schedule/action~month

宮田ひさもちフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/hisamochi

宮田ひさもちツイッター(フォローご自由にどうぞ。)
https://twitter.com/ISTHayabusa



WEB講座



腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ