九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

子どものからだ・東洋医学の視点から…

HOME整体法理解を深める読み物>子どものからだ・東洋医学の視点から…



『人間の子供はゆっくり大人になるよう導くべきで、体だけ大人並になったが、
感情は子供のままで、衝動でつい動いてしまったり、

カッとなったら、見境がつかなくなるような幼児期の頭を持っている、
などというのは、成長が早すぎて充実していなかったのである。 

思いやりとか、それから生まれる恥じらいとか、和やかな情緒という
人間独特の感情の働きは、他の動物のように粗ではない。 

健康を保つための教育という面から心の働きを見ると、
第一は情緒を育てるということであり、
感情の豊かさを大切にし、衝動で動いてしまわないよう教育することである。 

(野口晴哉 大絃小絃より)』


今回は東洋医学から見た「子供のからだ」についてです。

生命活動に力を与えている気のエネルギーは、
心と身体両方に不可欠な存在です。

可愛らしく、天使のような顔を見せるかと思うと、
けたたましく泣き叫び、手におえなくなる、両極端な面を持つ子供。

調子がいいかと思っていたら、夜になり急に高熱をだすなど、
体調が急に変わることもある。

幼稚園にも入り、自我が芽生えてくると、生意気な口をきくこともしばしば。

そんな子供の心身も東洋医学の英知でもって読み解きましょう。

少し難しい表現ですが、子供もからだの特性を以下にまとめました。

気血いまだ充ちず経脈の発育、途上にあり
→ 肉体と気の身体の発育不十分

神気脆弱
→ 心理的に完成されていない

内臓の精気不足
→ 病気は劇症になりやすい

陰陽両気が不足
→ 未熟な陰陽の気

成長発育速度ははなはだ迅速
→ みるまに大きくなる

水穀精気の需要が切迫す
→ 充分な食事が必要

陰気不足し、陽気これ余りあり
→ 陰気不足し、陽気これ余りあり 

一言でいうならば、子供は心身が発育途上にあるということです。

「からだ」が出来ていないから病気に対する守りが弱いのです。

症状の変化のスピードが大人より格段に速いのです。

「内臓の精気が不足」「陰陽両気が不足」というのはこのことを言っています。

親から受け継いだ「先天の気」が十分に育っていないため、
常に「腎虚(じんきょ)」の状態にあります。(腎虚=生命力が充分ではない)

そのため「水穀精気(栄養十分な食事)」が必要なのです。

食べ物は大切です。

加工食品や甘いものは控え、栄養たっぷりの手作りの食事がベストでしょう。

子供の喘息やアトピーは栄養不足、愛情不足が大きな原因です。
親の注意(愛情=気)が栄養となるのです。

◆神気脆弱(しんきぜいじゃく)◆

神気とは精神活動の大本のこと。
そこが出来ていないのですから、感情のコントロールなどできるわけがないのです。

子供がわがままに見えたり、泣き叫ぶのも当然のことです。

だから子供をしかる時に理詰めで詰問しても、まともな答えは返ってきません。

あまり根をつめてしかると、子供を恐れさすことになり、
心身の発育にも影響がでます。

子供の心身は生理サイクルがひじょうに早く、
あらゆる面でバランスを欠いているのです。

このことをよく理解して子供に接する必要があります。

大人の世界のイライラや感情をぶつけずに、愛情をたっぷり注ぐことが必要でしょう。
(特に小学校高学年までは)。


ただし愛情には「優しい愛」と理由あっての「きびしい愛」の両方必要です。

一方に偏ることなく使い分けましょう。



 ハツラツと生きる 宮田寿望メールマガジン登録
メールアドレス: 
名前: 
Powered By メール配信ソフト NEO2

※登録解除はいつでも可能です 


腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ