九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

風邪よありがとう.1

HOME整体法理解を深める読み物>風邪よありがとう、1



地球の中心には高熱のマグマの塊があるといいます。
それが噴きだすのが火山です。

地球という生命体は中心のマグマと、北極・南極の氷河で(冷熱)バランスをとっています。

地球は生きています。
人間も同じく体温を保って生きています。


普段ほとんど意識しませんが、36度から38度という体温を維持している事実は、まさしく体内にマグマを持っているからでしょう。


このエネルギーを古代の人は見えない氣(陰陽)・プラーナとよびました。
それはいくら解剖しても出てきません。

以前、NHK朝のテレビ連続小説でこんなシーンがありました。

「さくら」という番組の主人公が高熱を出し、
薬を飲んでもなかなかよくならない…。

そこで保健体育の先生が「自然療法」なる本を持参し、

「熱というものは下げてはいけない。
身体が必要があって熱を出そうとしているのだから、
むしろ温めたほうがよい」

と後頭部に温湿布をする場面があったそうです…。

「熱がある時は安静にしないで動いたほうがよい」
「食欲がなければ食べなくてもよい」という事が語られていました。

熱が下がった主人公は、今回の風邪を引いた後は、
いつもよりすっきりしていると話していました。

【身心の偏(かたよ)りを戻す】

私も経験していますが、
風邪をうまく経過した後は身体が弾力を回復し、敏感に「若く」なります。

風邪をひく、熱を出すという現象は、
身心の偏りを調整する働きがあるのです。


人間は身体の使い方・心の使い方に十人十色の個性があります。
それは潜在意識の働きのクセ(癖)…ともいえます。

その癖が続くと、身体に偏りが生じます。
(ある部分の動きがにぶくなり、筋肉が固く弾力をなくす)。

それがピークに近づいたとき、起こる現象が「風邪」です。

発熱により固まった筋肉・細胞は壊され、溶かされ弾力を回復します。

そして高い熱により、増えすぎたばい菌は死滅するのです。

高い熱によりがん細胞が縮小していくことが確認されていますし、
ガン・重病になる人は、必ずといっていいほど、熱が出る風邪を引かなくなります。

西洋医学の常識では「熱」が出たら下げますが、
熱は身心の回復要求なのです。


季節の変わり目・温度変化の際に風邪をひく。
これは外界の変動にからだが適応するために起こる現象です。

また、過労や筋肉疲労でも風邪を引く。

これは先に述べたように偏りを熱で溶かすため。
(身心はまず破壊があってこそ建設が行われます。)


また最近多いのは「目の疲労」から来る風邪。

強ばった頭・首肩をゆるめるために発熱する。
夏風邪は「クーラーによる冷え」が原因であることが多いです。
・・・体内に侵入した寒冷の邪気を追い出すために発熱します。


いずれも風邪・熱の働きは身心の弾力回復です。

対処療法として薬を飲んで症状が消えたとしても
身心・筋肉の偏り・歪みは戻りません。

むしろ潜在化し、別な形で症状が重くなって出てくるから要注意。 


【こころの弾力】 

風邪が治った後、身体が軽く、すっきりしていないなら、
経過が上手く行かなかったからです。

「熱が出ない、風邪を引かない」だから健康だと自慢している人がいますが、
これはむしろ身心が鈍っていると見るべきでしょう。

身体が鈍く、古くなった、老化したとみるべきでです。

実際に触れてみると、そういう人のはとても固く、ガンコな人が多いようです。

心の習慣も身体に反映されますから、当然と言えば当然ででしょう。

大人とちがって子供の場合は、風邪を引いても経過がでスムーズです。

熱がさっと上がって、そして用がすめば下がります。


3日が経過の区切りで、大人の場合、1週間が目途でしょう。
・・・実際の熱は1日〜2日以内に下がります。

まずは熱を恐れず受け入れ経過させてみよう。


『百知は一真実行の及ばず』…体験は何よりも尊いですよ。





腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ