九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座お問い合わせ

整体個人指導について

HOME整体法>整体個人指導について



整体個人指導は身体を調整する効果的な方法です。

「気」という見えない力を活用します。
気は人間の感情・行動・感受性・内臓と筋肉・深層心理などすべてと関わっています。
さらに気候、天気、大地など自然界も気によってつながっています。

整体は、具体的には手のひらを触れることによって気を交流させるのです。

温かい手のひらは筋肉の細部のコリやつまりをひも解き、ほぐしていきます。
身心がゆるみ、本来誰にでも備わっている生命力がみなぎってきます。 

個人指導は治療とは異なるところが多々あります。
「病気イコール悪」とは単純に見なしていません。

また治療では痛みを除去することが最優先されるでしょうが、
個人指導ではその痛みがおこってくる原因を改善することを重視します。

病気や痛みは必要があっておこってきます。
表面的に治すことばかりだと、また繰り返します。

病気の症状のみに対処するのではなく、その人の個性、生活習慣、季節の過ごし方などをアドバイス致します。

個人指導は壊れたからだを修理するのではなく、その人が生命力を十分に発揮できるように「調律」します。
その人が本来もっている、からだ(こころもふくめて)の潜在能力を発揮できるよう導きます。

【病気の要因】

現実として日々、健やかに元気に生きている人は少ないと思います。
人は一人一人個性があり、同じ人間でもまったく違います。
親から受け継いだ、先祖代々の遺伝の力は強いものがあります。
元気な両親からは元気な子供が生まれます。
病弱だろうが、病気知らずだろうが、自分の今の身心の状態は、しっかりと積極的に受け止める必要があります。
それが自立の第一歩です。

天から頂いたかけがえのない身体、しっかり手入れする責任があるのです。

さて病気をつくりだす要因をいくつかあげてみましょう。

遺伝による体質
両親、先祖から受け継いだもの。体質や食習慣など遺伝する。
また一緒に暮らすことにより、親の考え方、生き方が子に影響を与える。

日常のからだの使い方と食習慣
仕事や立ち振る舞いによる偏りから腰痛、肩こり、冷えを生み出している。
食べ物の習慣も大きい。
最近ではパソコンの普及により眼の使いすぎ、頭痛、倦怠感、生理不順、慢性疲労が増えている。

打撲や手術の影響
足首の捻挫や骨折、外科手術などはからだに歪みをもたらす。
例えば盲腸の手術は右の骨盤に影響を及ぼし、右目の視力が落ちやすくなる。
尾骨を強打すると25年後に肺や頭を壊す。卵巣をとると眼に影響する。

人間関係の問題からくるストレス
親子、夫婦、嫁姑間の心理的葛藤

からだの個性と季節の変化
呼吸器の弱い人は梅雨に弱く、喘息、アトピーの症状がでやすい。
秋になると泌尿器に変動が出て、血圧が上がりやすい。
冬はからだが乾いてくる。

【健康の自立】
個人指導を受けると身心のバランスが調って元気になってきます。
しかし、すぐに痛みが消える場合と時間がかかる場合があります。
お腹の中の赤ちゃんが4ヶ月で生まれてこないように、自然のリズムには逆らえないのです。
病気が治るのも自然のリズムと時間の中でなされていくのです。

自分のからだの特徴、個性を理解することが大切です。
体質が改善されるまで、最低3ヶ月は継続して個人指導を受けてください。
回数は週1回か月2回が目安です。

必ず変化してきます。
そうすれば、健康というものが「心地よい」ものであり、「苦の中にも快があり」、じっとしていても、何かやりたくなってくる、前向きで躍動的なものだと体感されるでしょう。

進化創造していくのが健康の道なのです。



腰痛、肩こり、体質改善に。
一般コース
子供の健全な発育、成長を。
KIDSコース
妊娠出産やお腹の赤ちゃんの発育に。
プレママコース


腰痛対策・無料メルマガ
ホロンハーモニーへTEL
コンテンツメニュー
セミナー一覧
整体個人指導について
講師紹介
活元運動
肩こり、腰痛、生理痛などに温法
整体への理解を深める
交通案内
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ